前へ
次へ

介護職の人手不足は構造的問題で求人しても定着しない

介護職の人手不足、人材不足は非常に深刻ですが、これはどうしてなのでしょう。
日本人の介護職からの離職率は高く、どの現場を見ても、働いている方は一様に疲れていらっしゃいます。
それでも仕事が山の様にあるので、いつも求人情報が多いのが介護職の現状でしょう。
しかし、どんなに一時的に人手が増えても、暫くすると離職してしまう為、求人が止められません。
知人に介護職の方が複数いますが、もうその方はベテランで、キツイ仕事でも笑顔を絶やさず、奉仕する気持ちに溢れた方です。
結局、この様な仕事に使命感や、人から信頼される満足感が得られなければ人は働けません。
折角、職場に新しい方が来てくれても、ご自身の負担を軽くするために、あれをやって、こっちもやってと催促し、褒めて育てる事ができていません。
それに、ケアマネージャーが業務の采配をするので、どうしても偏りがありいつでも仕事が回ってくると云う事でもないようです。
こうした構造的な問題があると、なかなか定着してくれませんから、業界と政府が一体となって、仕組みから変えていって欲しいと考えます。
企業同士が自由にサービスを競う様になれば、状況は変わってくるのではないでしょうか。

Page Top