前へ
次へ

正社員登用率も求人のポイントになる

求人誌や求人サイトには、お役立ち情報も紹介されているケースがあります。
例えば、仕事内容、気になるお給料、社員になるための基礎知識のまとめなど、働いてみないことには分からない部分にスポットが当てられています。
面接も人柄重視といいますし、前職の関係までは問わないため、転職活動もしやすい、こうした意見も耳にします。
成長期にある企業では「革新」という言葉で求人を募っています。
そのためのステップとして、正社員登用率が95%以上であることを謳っており、長く働ける、安心できる環境が整っています。
求人情報を閲覧する場合、着目すべきは、平均年収よりも平均勤続年数や定着率の方です。
もちろん、その業界に骨を埋める覚悟であるならば、というのが前提ですが、定着率が低いのならば離職者も多い判断材料になります。
真剣も楽しいも紙一重、初出勤から慣れるまでには誰もが全力疾走です。
経験や資格すらなしなら、なりふり構っていられず、周りが見えないこともあります。
サポートしあえる環境下は、試用期間があってもなくても必要です。
だからこそ、定着率をまずはチェックしましょう。

Page Top