前へ
次へ

求人情報誌を閲覧し転職活動を行ったこと

私は高校を卒業後正社員として日々職務を全う日々を送っていましたが、日々夜勤を伴う交代勤務をしなければいけなかったため、肉体的に疲労感を感じるようになりました。
10代や20代前半の頃は、1日寝なくても日々職務を全うすることができるぐらい元気でしたが、20代半ばを過ぎることによって、夜勤の仕事を終えた後うまく寝ることができなくなりました。
日勤の勤務の時は非常に体調が良く、夜間の間スムーズに寝ることができるため、私の疲労の原因は根本的に夜勤が原因だと思うようになりました。
仕事を転職することによって、体調を著しく回復することができるなら、仕事を転職した方が良いと考えました。
20代半ばだった私は、求人情報誌を閲覧したり就職紹介状に足を運び、転職先の企業を必死で探しました。
転職経験がなかった私は転職活動をすることに対して、色々な複雑な気持ちを抱きましたが、無事日勤勤務をすることができる企業とめぐり合うことができたため、求人情報誌を閲覧し転職活動をして本当に良かったです。

Page Top